08«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»10

カレンダー

検索フォーム

カテゴリ

最新記事

月別アーカイブ

プロフィール

楽天

スポンサーサイト

--.--.--/--/--:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ: スポンサー広告
tb: -- |  cm: --
go page top

 

電子書籍ってややこしいのね

2010.08.12/Thu/22:45:51

それなりの人数で働く職場には必ず、マニュアル本ってのがありますわな

現在のはマイクロソフトの『ワード』で作って

紙に印刷してクリアファイルに入れてるんですが(ありがち?)

これを電子化しようと企んだんですよ

ですが、手元のワードは古いバージョンなので

そのままPDFファイルにして書き出せないし

新しいオフィスも買ってまで欲しいってわけでもないんで

とりあえず手元にあった『Keynote』で作ってみたんですよ

個人的にはかなり快適な作業、中々の出来映え

お見せ出来ないのが残念ですが…

(実際は鼻で笑われる程度かもしれませんけどねぇ)


ここでやっと「他の電子書籍はどうなの?」って興味が湧きまして(遅!)

8:12IMG_0005

これが『i文庫HD』のデフォルト表示のスクリーンショット

岡倉覚三著の『茶の本』

8:12P1000084

文庫本と比較しても大きさはほとんど同じ

てか、いつか読もうと思ってたけど、未読なんよなぁ~

420円損したような複雑な気分ですわ

8:12P1000083

文字も大きくて読み易いと言えるかもしれん

確かに光源を見てるから目が疲れるような気もしますし

この本は薄いから79gしかないしね

ウチのiPadはWi-Fi + 3Gモデルなんで730g

京極夏彦先生くらいじゃないと太刀打ち出来んね

そんな重さの話はどうでもよかったんや!


今回調べてみて分かったのは、書字方向と綴じ問題

今や世界的に縦に文字を表記するのは、ほぼ日本だけなんですってね

だから『Keynote』と同梱されてる

ワープロソフトの『Pages』が横書きしか出来んのやぁ! と納得

個人的に文字は横にしか書かないけど

書籍だけは縦に書いてないと読もうとも思わないんですよ

(今までの読書の中で唯一の例外が『電車男』)


それとアップルのiBookも縦書きは表示させられるんですけど

右開きに対応してないんですよ

アマゾンのキンドルはどうするんや?


電子書籍も日本だけガラパゴス化するのかなぁ

でも、それでもエエやん! と思います

確かに言語ってのは変化していく性格をはらんでます

日本語を横書きで表記する時、昔は右から左に書いてたわけやし

今みたいに左から書いてるのを、最初見た人は違和感を感じたでしょうね

でも、ネットの掲示板を書籍化する場合はしょうがないにしても

(今後そうそう無い話でしょうが)

ブログを書籍化する場合もなるべくは縦書きにして欲しい

(藤沢数希さんの『金融日記』が書籍化した時は縦書きやったしさ)

実用書の場合は縦にするんよね

小説の場合は横にしよるけど




ちなみに今回、偶然に存在を知った

縦書きサイト普及委員会

努力と根性は素晴らしいです!

しかしウチの『Safari』だと文字組が崩れて読み難いですね

『Firefox』じゃないと駄目みたい

ネットブラウザーでもアップルに縦書きは期待出来んのな
スポンサーサイト
カテゴリ: オヤジの戯言
tb: 0 |  cm: 0
go page top

 

この記事に対するコメント

go page top

 

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

go page top

 

トラックバック

トラックバックURL
→http://catwalk51.blog65.fc2.com/tb.php/400-f0abb1b4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。